グッドの日経225先物 投資術

  日経先物miniテクニカル

 株式投資をする場合はファンダメンタル(企業業績、将来性など)を調べて株価が安いかどうかを投資します。

 日経225に投資する場合はマクロ経済のことを考えなければいけませんが、225に投資されている金額が

 非常に大きいので上がるときも下がるときも統計上、一定の法則で動くことが多いのです。

 それらを数値化して参考に投資することをテクニカル投資といいます。

 先物投資の場合はテクニカル重視で投資していきます。このテクニカルの法則を学び実践すれば、

 怖いと思われている先物投資も、ローリスクでトレードできるようになります。
 
 

 大事なこと

 個人投資家の場合 大事なのは「約定しなかったら見送ればいい。」これが大事です。

 無理に上がっていく株を追いかけて追いかけて結局高い所で買ってしまったりすると

 利食いできなくなります。 先物の場合も現物株と同じです。安く買い高く売る。

 売りから入ろうが買いから入ろうが同じです。安く買い高く売るそれだけで利益が出るわけです。

 簡単ですよね! 安く買えなかった場合、約定しないのは善しとしますが、高く買うのは失敗です。

 売りもそうです。売り玉を持つ場合高く売れなかったからといって安く売るのは失敗。

 利食い売りの場合は、利益のあるうちに売る。欲張りすぎて損失に変わることの無いようにしたいですね。

 高いか安いかを判断できるようにテクニカルを学びましょう。
 グッドの日経225先物 投資術 目次