グッドの日経225先物 投資術

 日経先物取引のやり方

   先物オプション口座の開設

  まず証券会社で先物売買できる口座を開設しましょう。
  ネット売買できる証券会社で先物チャートを見ながら売買できることが重要です。
  どこがお勧めかは個人によって違うと思いますが、大きな差は無いように思います。
  取引手数料と専用のツールを見比べて決まるといいでしょう。

   先物取引のルール

  現物株では○○株を千株持っていると表現しますが、
  先物の場合は「1枚買い建てている」「1枚売り建てている」と表現します。
  または「1枚買い玉を持っている」「1枚売り玉を持っている」と表現します。
  決済日までの保有なので「建てる」と表現するのでしょう。

  建てた玉は決済日に決済するか、それまでに売買して清算します。
  多くの場合は決済前に売買して手仕舞いするのですが、しなかった場合は
  決済日に算出される決済値で清算することになります。
  決済日のことをSQ日 決済日に算出される決済値のことをSQ値と言います。
   
 

 SQ日とSQ値

 SQ日は日経先物の場合は3の倍数月の第二金曜日です。
 その日の日経平均の始値をSQ値といいます。
 第二金曜日は祝日の場合は木曜日に繰上げとなります
 
 また決済日を区別する呼称は
 3月限 6月限 9月限 12月限と呼びます。
 12月の第二金曜に決済するものは「12月限(ぎり)」と呼ぶわけです。

 証拠金(保証金)

 株価指数先物・オプション取引をおこなうには、委託証拠金の差し入れが必要です。
 必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)に
 よって計算され、
 (SPAN証拠金額×証券会社が定める掛目)−ネット・オプション価値総額+先物両建て証拠金
 となります。
 まあ難しく考えずに5万前後と考えておけばいいでしょう。
 ただ値幅が大きいときは8万円弱にもなりますが、前もって連絡があるので問題ないと思います。

 大阪証券取引所日経先物mini http://www.ose.or.jp/derivative/225mini
 細かなルールなどはこちらで確認してくださいね

 12月限を買って3月限を売るなど色々な投資法もありますが、まずは3の倍数月の期近を使って
 デイトレードまたはショートスィングトレードすることをお勧めします。
 
 機関投資家などを相手に勝つ投資をする為にも、プロのまねはしないで、
 個人投資家らしいトレード方法で売買する方がいいと感じます。

 グッドの日経225先物 投資術 目次