グッドの日経225先物 投資術

  

先物取引とは

 「ある商品」を「取り決めた日」に「取り決めた価格」で売買することです。
 
 難しいようで実に簡単! 

 つまり次の日曜日にりんごを100円で買う約束をします

 日曜日にりんごの時価が120円ならば20円の儲け 80円ならば20円の損。

 これが先物取引です。

 米や穀物は自然災害もあって先物取引するにはリスクのある商品に感じますが

 ここでの先物は日経平均を基にした先物指数。倒産のない金融商品です。

 普通の株式投資と大きく違う点は一つ

 株式投資は買ったときよりも株価が値下がりしても、

 値上がりするまで待てばいいわけですが・・・。

 先物投資は決められた日に決済しなければいけません。

 これが一番のデメリットになります。つまり決済の日には買った人か売った人

 どちらかが必ず敗者になるのです。

 
  
 勝敗を決めるとなればリスクが高いように思うでしょうが
 
 決済日までに決済は出来るわけです。利益が乗った所で決済すればいいのです

  またリスクヘッジとして売買してる人が多く居ます

 株式を大量に買い、抱え込んでいる人はヘッジとして先物を売っています。

 保険として売っているので彼らは負けても良いのです。

 抱え込んでいる銘柄で利益が出るわけですから!

 そう考えると個人投資家でも機関投資家に勝てる可能性が多い

 学ぶということを怠らなければ、勝てるようになるそれが日経先物取引です。

 グッドの日経225先物 投資術 目次